FXで成功した人とはどんな人なんでしょうか?

億万長者になった人となるとほんの一握りですから、ちょっと外して考えると要は証拠金が大きく増えた人なのでしょうか?

そうなるとどれくらいの人が大きく増えた人になるかというと数パーセントとも言われています。でもFXで失敗はしたくないので、どうすれば近づけるかを考えて見ましょう。

1つ言えることは、少しずつでも証拠金が増えて行けば良いのです。損金より利益金が多いと言いわけで、負けを少なくするにはどうするかです。

レバレッジを大きくすれば損金へのリスクが気になって、FXの腕が上がって行かないので、FXのスタート地点では、確実にプラスに持っていけるまで、レバレッジは低めにして堅実なやり方が良いと思います。

成功もあれば失敗もあって、何事も上手になっていきますよね。ちなみに私のFXの場合ですが、一番多い失敗例は、早めの損きりをしなかったためにどんどん損金が膨らんでいくパターンです。

テクニカルチャート分析で、ここぞというエントリーチャンスのタイミングが見つかったまでは良いのですが、エントリーして見てどうやら違った方向にチャートが動いて行ったときにどうするかです。

すぐに損切りをしてしまうと損金はそんなに大したことはありません。ですから「早目の損きり」とは、FXの基本中の基本。でもそんなことばかりが続くと「損きり貧乏」で、少しずつ証拠金は減っていきますからね。

でも、粘って損切りして大きな損失は、失敗のパターンなので、次のトレードで頑張れるようにやっていくのが、失敗しないパターンであることは確かですが、、、これが中々卒業出来ないのが弱い所でもあるんですよね!