勝てるFXの第一歩は、資金の損失を如何に防げるかに掛かって来るのだと思います。

FXの世界では為替レートの急変という信じられない事が起こります。例えば小さいものですと毎月米国が発表する経済指標、特に雇用統計の発表時には為替変動が激しいです。

さらに大きな為替変動では天災や事件、テロなどが起こった際の値動きは尋常ではありません。

911の際、テロ当時のドル円の値動きは121円から118円半ばまで1日で300pipsの下落、さらには10かごまで115円まで600pipsも下落しました。

最近では東日本大震災が記憶に新しいですが発生当日は83円から81円半ばと値動きは限定されましたが、その後の原発放射能問題により、6日後には700pipsの円高となる76円を付けました。

またかなり昔の話ですが1985年のプラザ合意当日は235円から24時間で215円、なんと2000pips、20円も急速な円高が発生、さらに1年後には150円台、2年半後は121円台と僅かな期間で大変動を起こしています。

そんなに頻繁に起こるものではありませんが、もしその時にエントリーしてたら、それこそ大変です。そんなリスクを回避させてくれるのが、ロスカットの自動設定。

要は証拠金の50%までに損失がでたら自動決裁して証拠金が減るのは防げます。次にFXのリスクとして考えなければならないのは、レバレッジの扱い方です。

最大で証拠金の25倍までのトレードが可能ですが、為替レートの急変で一気に大きい損失が発生します。このリスクを回避させるには、エントリーしたら画面とにらめっこ。なんて言ってられません!

資金管理が重要になってきます。今の資金でどのくらい変動したらロスカットになるのか?これは取引をする前に必ずと言って確認しなければならないことです。

さらに注文と同時に逆指値やIFD、OCOなど出口を見据えた決済注文も同時に発注しておくことがリスクを最小限にする為にはもっとも大事な事だと思います。

また決済注文を同時に出しておくことは精神衛生上も非常に平穏になり相場を冷静な目で見れるようになれます。

カリスマトレーダーのリスク管理術
↑こちらで詳しくご紹介されてますので、参考にさせて頂きました!